誰でも簡単!1ヶ月でTOEIC600→700にUPの解き方テクニック

困ったさん
困ったさん

TOEIC初心者にもできるコツが知りたい!
TOEIC600だけど700を目指したい!
時間内に解き終わらない…

という方のお悩みを解決します(^_^)/

この記事では、私が学生時代に教えてもらったちょっとした解き方のコツと、独学していく中での学びから、実際に「使える!」と思った簡単なテクニックをご紹介します。

ご紹介するのは“英語の知識”ではなく、あくまでも“テクニック”の様なものですので、英語学習をした上で+α覚えておくとスコアに貢献してくれるかも、というものです。

試験の形式が変わっても対応できるものだとは思いますが、私が実際にスコアアップしたのは数年前の話ですので、最新の情報ではないことをご了承ください。


筆者のTOEIC推移

初受験500点台→高校卒業時600点→2ヶ月後に700点台→しばらく700点台で停滞→初受験からおよそ1年後に800点台達成。


リスニングのコツ

まずはTOEICの前半部分にあたるリスニングパートに関しての解き方のコツをご紹介します。

  1. part1・2はマークシート上で鉛筆待機
  2. part3・4は指でホールド&塗りつぶしは最後

それでは1つずつ解説いたします。

part1・2はマークシート上で鉛筆待機

どういうことかというと、A B C Dとマークシートに選択肢があると思うのですが、選択肢の音声が流れている間は鉛筆を各選択肢のマークシート上に置いておきます。それも「答えかな?」と思う選択肢の上に留めておくのです。

Aの音声が流れてる間、鉛筆はAの選択肢上でストップ。Aの選択肢が「これかな?」と思ったとします。次にBが流れますが、その時もまだ鉛筆はAの上です。さらにBが明らかに不正解だったとします。ポイントはCが流れ出しても鉛筆はAのままにしておくことです。

そうすることで、Cが答えだと確信できなかった場合にAに即決ができます。

つまり、悩む時間を少しでも減らすため、選択肢を全て聞き終わるまで目ぼしい選択肢を確保しておくということです。

集中して聞いていても、全ての選択肢を聞き終わった後には「あれ、Aなんて言ってたっけ?!」となるものです。少しでも「これかな?」と思った選択肢を鉛筆で指し示しておくことで、迷った時の手立てになります。

part3・4は指でホールド&塗りつぶしは最後

次にpart3とpart4は、どちらも長文を聞いた上で質問に答えるものです。問題用紙に記載されている質問の文章は先読みしておいてください。

コツとしてはまず利き手じゃない方の手の親指・人差し指・中指を用意します。

音声が流れてきたら、予め頭に入れておいた質問に合う答えのアルファベットを用意した指でおさえておきます。

❶Aに中指 ❷Cに人差し指 ❸Bに親指といった具合です。3つとも選べた時点でマークシートに印を付けます。音声が全て流れ終わってなくても大丈夫です。

ここでのポイントは、マークシートを綺麗に塗りつぶさないこと!どれを選んだかがわかるように“ちょん”と少しだけ色を付けておきます。

こうすることで次の問題が始まる前に次々質問を先読みできます。質問を先読みして時間があれば各選択肢の文章も先読みしておくとベターです。

さらに答えやすくなるコツとしては、先読み文章から、流れてくるであろう音声の中身を予想しておくことです。

例えば❶「話し手は聞き手に何をするように言っているか?」という質問に対しての選択肢が「A 別の経路を確認」「B チケットを予め買っておく」「C 身分証を見せる」「D 電車で来ること」だったとした場合、この音声の内容は“聞き手がある場所に行くことを想定して事前の案内をしている”という大体の予想がつきますよね。

先読みしている間にこのように予想を立てておくと回答がさらにスムーズになります^_^

少しだけ色つけをしておいたマークシートはリスニングが全部終わった時にまとめて綺麗に塗りつぶします。こうすることで音声が続いている間は音声に全集中することが可能です。

リーディングのコツ

リーディングはとにかく読む量が多くなるので、“いかに選別して解いていくか”と“時間配分”が重要となります。コツとしては以下3点。

  1. part5・6は合計10分〜15分以内でテンポ良く
  2. 何の文書か?を確認
  3. part7は簡単な問題を優先

part5・6は合計10分〜15分以内でテンポ良く

リーディングパートは時間配分が大切だとお伝えしました。リーディングは全部で75分間です。この時間の使い方でスコアに大きく影響すると思います。

リーディングパートの中でもpart7が1番問題量が多いですので、多めに時間を残しておきたいところです。できれば1時間は残しましょう!!

これは私の体験談ですが、600点台の時は最後の20問が塗り絵状態でした。その後700点とれるようになるとギリギリ全部解き切れるか、吸うもん塗り絵。800点を取った時は10分以上時間が余り、見直しまでできました。

今全問時間内に終わらないのであれば、時間配分と問題の選別を行うことで解決するかもしれません。

part7に1時間たっぷり使うためにもpart5とpart6は2part合わせて15分以内で終わらせるのがおすすめです。

何の文書か?を確認

part6、part7には文書の上に“refer to the following 〇〇”といった1文が書かれています。

その〇〇が何かを把握しておくことで文書の内容がすぐに把握できるようになります。

TOEICにまだ慣れていない方や、英語が得意でない方はこの方法を試していただくと長文読解が少し楽になるかもしれません^_^

例を挙げると、

  • advertisement→広告
  • article→(新聞)記事
  • letter→手紙
  • announcement→案内
  • invoice→納品書
  • notice→お知らせ

この“refer to the following 〇〇”に注目することで文書の理解が進みます。

part7は簡単な問題を優先

最後にpart7に関して。part7はとにかく問題数が多いので、取捨選択することが大切です。

最後の最後にも単語の意味を問うような比較的時間をかけずに解ける問題も混ざっていいたりします。

時間に追われた時はまずそういった簡単な問題を優先的に解くと良いです!

解ける問題がまだ残っているのにタイムアップしてしまうのはもったいないですからね(・・;)

以上、TOEICのスコアアップに役立つ解き方テクニックでした。

「まだやったことなかったよ」というものがあれば是非やってみてください^ ^

私も900点目指して引き続き頑張ります!最後までお読みくださりありがとうございました^_^